お菓子について

食べた物と本と音楽についての雑記帳です

Markus Muhling『C.S.ルイス 「ライオンと魔女」の謎を解く―ナルニアガイド』


中学生の頃から1人でいるのが好きだ。

1人でしかいられない、というのが正しいのかもしれない。

でもその頃は‘大人になれば変わるんだろう’と漠然と思ってた。

 

二十代になった今、『1人でしか生きていけない』ってとても感じる。

私には人とともに生きていく能力がない。

別にそれでいい。能力がないなら回避するのが1番だし。

でも、『1人で生きていくんだ』と覚悟したつもりでも、ふとした時に周りの人に甘えまくっている現状に気づく。

 

人と付き合える覚悟がないのに、人に頼らないと生きていけない。

どうしたらいいのか全然わからない。 

いや、本当はわかる。

人も付き合うことが嫌でも、人と付き合う能力がなくても、1人でいるのが好きでも、人と付き合う覚悟を決めないといけないんでしょ。

 

私に1人で生きていく能力があればそんな覚悟は要らないんだろうけど、 そんなに有能になれそうにもないから。

 

 

「人は人との関わりの中でこそ『生きている』」という前提になるほど、と思いつつ苦しいなぁ、とぼんやり思った。

 

 

 

C.S.ルイス 「ライオンと魔女」の謎を解く―ナルニアガイド

C.S.ルイス 「ライオンと魔女」の謎を解く―ナルニアガイド