お菓子について

食べた物と本と音楽についての雑記帳です

アニメ『アイドルマスターsideM』

プロデューサー〜〜〜〜!!好き…。

という感じに石川P(というか315プロ)素晴らしさがとても伝わってきたアニメでした。

深夜テンションなのでぼろぼろの文章です。

 

 

DRAMATIC STARSについて

 ・まぁ桜庭薫さんのことです。彼の「決意」に惹かれる。諦められないもののために資金を稼ぐという決意、やるからにはトップアイドルになるという決意。

彼の決意は「引き受ける」覚悟なんだよね。ただきっかけがあって踏み出そう!というわけではなくて、目標を立てて成果を出すことを実現していく姿勢。

・最終話でPに「トップアイドルのプロデューサーにしてみせる」という『相手の未来に関わっていくんだ』という覚悟を含んだ言葉にも現れてて、「引き受けていく」姿勢は彼のもともとの性質なんだろうと思います。

・翼薫…

 

 

○jupiterについて

天ヶ瀬冬馬は可能性という言葉の具体化みたいだなぁと。自分自身の可能性を誰よりも信じてて、その姿に周りも自分の可能性を信じたくなる。

・自分たちの理想とすることを、自分たちの手で作っていく姿勢にぐっときた。エンタメや芸術ってそとそも「人」の手から生み出されるんだよな、っていう忘れがちなことを思い出す話でした。

 

 

○プロデューサーについて

うぅ…P…。『人』を扱う仕事をやる上で、希望とか努力とか過去とか目に見えないものを1番尊重するのがプロデューサーという仕事なのか、と教えてくれるPです。

そういったものを尊重することができれば、1人でするより何倍ものことができる。社長風に言えば「パッションが広がっていく」ということなんだろうなぁ。

 

〈0話〉あぁ信頼関係…。アーティストが持つ熱量と同じ熱量を持って、さらに本人たちもはっきり自覚しなかった目標を提示できるP、有能すぎるんじゃ。というよりだからこそJupiterと信頼関係が成り立ったんだよね。

 

〈2話〉同じビジョンを持つ人達が、違う視点をもって共同することが大切なんだよね。

 

〈8話〉ただトップアイドルになればいいわけじゃなくて、過程も楽しいと感じられるようにする。そうすれば人と人が繋がってもっと良いものが生まれるかもしれない。

アイドルをまず「人」としてどう過ごしてほしいか、と考えるPの姿勢が表れてる回です。

 

〈13話〉天道さんの「プロデューサーが言ってたからな!」という信頼は「煌めきを持った人に声をかけただけ」「彼らが頑張ったから」というプロデューサーの言葉だからなんだろうなぁと。自分たちが持っているものを信じてくれる人で、それに自分たちの努力も見てくれる人で、そんな彼が言うんだから間違いない、みたいな。

目に見えない「人としての素晴らしさ」を見つけられるというのは凄いことだと本当に思います。

 

 

○Reason!!とGLORIOUS RO@Dについて

いや〜〜やばい。素晴らしすぎる。reason for dream。

誰でも何かしら「理由あって」仕事をするんだと思うけど、それをめちゃくちゃプラスに真正面から捉えるところが眩しい…。

アニメsideMは「トップアイドルになる過程」じゃなくて「わけを抱えながら希望を持って再スタートすること」自体に価値を置いてる、ということを象徴するような2曲ですね。

Reason!!の『繋がってること 確かめ合うための言葉』というところがね〜〜〜。は〜〜…。315プロだからこそ彼らの「理由」が「未来」になるんだよね。

 

 

 

コンセプトといい映像美といい歌といい、すべてが完成度の高い作品でした。

ちなみにプライムビデオで揃ってて、0話と1話は無料です。

 

曲としてはstudy equal magic!絶賛リピート中。やばい。

 

 

○ネットインタビューなど

『アイマス SideM』坂上P×鳥羽P対談:アニメで描く物語とは | アニメイトタイムズ

TVアニメ『アイドルマスター SideM』楽曲作りの核心は“歌っているアイドル自身にも夢や希望を届けること”にあった─音楽担当・EFFYインタビュー | 【es】エンタメステーション

TVアニメ『アイドルマスター SideM』監督対談!映像に込められた“アイドルマスター愛”とは | アニメイトタイムズ

【インタビュー】石川界人、“最高のステージ”のために、プロデューサー役の自分ができること - ライブドアニュース

『アイドルマスター SideM』315プロダクション所属アイドルたちのインタビューを総まとめ! - 電撃App