お菓子について

食べた物と本と音楽についての雑記帳です

今年印象に残った音楽まとめ

思えばよく歌に触れた一年でした…。ほぼプラ。

 

 

 

○ライブ

Plastic Tree『in the other side 』

とっても面白いライブでした。七夕ライブもどあどあツアーも「楽しかった」「感慨深い」「感動した」などの感想はあるのですが、in the other side はとにかく面白かった印象があります。

「この曲はこんなアレンジなの⁉︎」とか「この演出で聴くとまた違うなぁ」みたいな、『ライブとして一曲一曲出来上がってる感じ』を堪能できて嬉しかったです。

 

 

 

○アルバム

Plastic Tree『インク』

インク(通常盤)

インク(通常盤)

 

 

改めて聞いてみると「プラだ〜〜!!」と感じるというか、個性が際立った一枚だなぁと思います。

 

 

・amber gris『The collapsing garden.』『露のロータス』『AROUND CHILDREN』

The collapsing garden.-顛末には最上の花を-

The collapsing garden.-顛末には最上の花を-

 
AROUND CHILDREN<初回版>

AROUND CHILDREN<初回版>

 
露のロータス

露のロータス

 

amber grisは歌詞も歌も音も好きです。自分の意に反してどうしようもならない環境に対して、それでも意思を持つことに希望を見出せるような歌詞が好きです。って書くと大雑把すぎるけど。

 

 

 

だいたいプラざんまいの毎日だったので(だいたいシャッフルで聴いていた)来年はもう少し聞く幅を広げたいのと、あとインタビューを漏れなく丁寧に拾えるといいな。

ということで、それができるよう勉強も頑張るぞ。