お菓子について

食べた物と本と音楽についての雑記帳です

『個人作品集1992-2017「デも/demo #2」』有村竜太朗

好きだーーー!!

どちらかというと好みのジャンルではないのですが、聴いててとにかく心地よい一枚です。

 

夕方から夜にかけてを描いたような曲が多いですね。

人の動く、人との繋がりで成り立つ昼間の世界が終わって、自分として過ごす個人的な夜が来るまで。

 

・幻形フィルム/genkeifuirumu

 

好きなフレーズは「雨に〜」「何もなくて〜」



・くるおし花/kuruoshibana

好きなフレーズは「夜に〜」

・憑影と月風/tsukikagetotsukikaze

 

夜、1人で過ごすときに浮かぶぼんやりとした空想や希望を月に例えた曲なんですね。

好きなフレーズは「月影〜」



・ザジ待ち/zajimachi

幻想的でふわふわした曲ながらひび割れたギターが入っているのが面白いですよね。

好きなフレーズは「くうきょには〜」

 

・キュルるル/kyurururu


・色隷/sikirei

 

好きなフレーズは「パレット〜」


・日没地区/nichibotsuchiku

 

好きなフレーズは「祈るみたいに〜」


・19罪/jukyusai

 

好きなフレーズは「わからないから〜」

 

・19罪/jukyusai AC Ver.

NARASAKIさんとのインタビューの衝撃が強すぎて、読んでしばらくぼーっとしてました。

明日に進むには「なんとか進みたい」という気持ちを持ってなんとか行動していくしかないのかな。

 

本人にとって当時は『明日に進むんかな』という不安しかなかったのかもしれないけど、それでもちゃんと「歌を作ろう」となんとかもがいたからプラに繋がって、こうして作品に繋がった、ちゃんと明日に進んだんだよね。

 

簡単に明日に進めるかわからないけど「ちゃんと理解した気になりたい」と思うことがすべての前提なのかもしれないなぁと。

 

エモい!エモい!!

 


・くるおし花/kuruoshibana AC Ver.


・日没地区/nichibotsuchiku AC Ver.

本当にこの曲が聴けてよかった…とアルバム一枚分の満足を感じるほど好きな曲です。と同時にもぞもぞとしたなんとも言えない気持ちにもなる曲。

私は人生の終わりを見つめるような準備ができてないし、まだしたくないから、抗いたいような気持ちになる。でも人生を通してほんの少しの人としか共有できない部分が人にはあることもわかる。


・「憑影と月風 /tsukikagetotsukikaze」Music Video

 

 

・インタビュー

有村竜太朗 | ROCKの総合情報サイトVif

【有村竜太朗 インタビュー】これでひとつの完成形を迎えた | OKMusic

OKMusic - 全ての音楽情報がここに

音楽と人 » Blog Archive » 増刊『PHY Vol.13』9月26日発売決定!

有村竜太朗×NARASAKI ハードコアにルーツを持つ二人の関係性と、共同作業の楽しさを大いに語り合う | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス

 

・「個」「皆」という字は「ソロ活動をしてみて逆に人と一緒にモノを作ることは楽しいなって気づいた」という言葉にかかってなるのかな

 

『デも/demo』ではとにかく音や歌の美しさが際立った作品でしたが、2作目とあってかもっと伸びやかな印象を感じました。

そしてここまで夢うつつに振り切った曲があるのが意外でした。プラでもわりと有村さんの個性が出てると思ってたけどプラでもここまでふわふわした曲は無いような…。これはソロ活動らしくて嬉しいです。

 

個人的な好みでは一作目と比べると一作目が好きかな。なので、ろーどしょーではdemo①も演奏されると聞いてとっっても楽しみです。

楽しみだー!

 

個人作品集1992-2017「デも/demo #2」(通常盤)

個人作品集1992-2017「デも/demo #2」(通常盤)